2013年1月31日木曜日

前期の決算終了!ショップのリニューアル、京都御所、長宗我部盛親、十日戎、通天閣、等など


代表の安藤です。

41歳厄年です。

体の衰えを日々感じつつ、1月も終わりです。

暫く間が開いてしまったので、近況報告などを。


先日、前期決算終了後の法人税の確定申告書等の提出を無事済ませました 。

弊社は創業以来、法人税の確定申告書の作成を税理士さんにお願いしたことが無く、毎回スタッフリーダーが法人税の確定申告書等の税務書類を作成して税務署等に提出しに行っております。

元々は「税理士にさんにお願いするお金も勿体無いし、個人事業主の時も自分達で作成出来てたから、法人の申告も似たようなもんだろう」と簡単に考えていただけなのです。
 
内実は法人の申告は難度が跳ね上がるようなので、傍から見ると、「ホント独りでよくやるなぁ」、と毎回思うのですが、昨今は色々な会計ソフトが有りますし、記帳も毎日しっかり記載していますので、他社と比べて比較的楽なのでしょう。弊社の会計内容は単純明快だから出来る術なのでしょうか。
まぁ、ありのままの決算書を提出しているだけですし、ど真ん中を歩んでいくしかありません。それでいいんです。


で、肝心なその決算の内容ですが、数値の詳細は置いときますが、前期の間に取り組んでいた、ほくほくとうマッチョ化計画、スリム化してムダを省いて筋肉質な会社にしていこうという取り組みですが、試行錯誤はありましたが、まぁ何とか形にはなりつつあるかな~というのが決算書を読んでいて思うことです。
販管費が随分と減って成果を上げてくれたようです。

その代わり、マッチョ化計画の一環で人件費も減少したシワ寄せで、在庫が増加しているのが一番気になります。「未製品化」在庫ですね。会計上は全くの死に在庫でムダとして扱われてしまうんでしょうが、弊社の場合ですと、ある意味保険的なダム的要素を兼ね備えているので、致し方有りません。
これは悲観的にならず、稼ぐに追いつく貧乏無しを実践して、販売量を上げる工夫をしつつ製品化の効率を上げていくことが課題でしょう。人を雇えば少なからず在庫の問題は解決するんでしょうが、何事も利益との兼ね合いです。
手が足りないからといって、八方手を尽くして、どんな手でもいいからと手数を増やしても手間が増えるだけですから。

 一概に筋肉質化と言っても、誰だって出来るだけ売上は落としたく有りませんよね。
片方の数値は減少させる努力を払いながら、他方の数値は拡大させていくという・・・出来る人は弊社程度の規模だったら簡単に出来るんでしょうか。
でもそんな器用なことは私のような凡才には非常に難しいので、前期は売上高の事は意識せず、水膨れした各数値を上手く減らしつつ、出来るだけ利益のことだけを考えながら取り組むことで雑念を振り払ってきました。

そりゃ売上高は欲しいですよ。有るに越したことはない数値ですし。
でも売上高を上げながらムダを無くして利益をガンガン出していく、なんて今の私には無理ですよ。身の丈に合った能力を超えてしまいます。
私のような、愚かなる、恵まれざる、持たざる者が 調子こいて無理して能力以上の事をしようとすると必ず破綻が生じて破滅を招くことになってしまうので、御の字のラインを超えないように自省・自制しながら歩んだ一年でした。
身の程をわきまえつつ、今後も継続して取り組んでいきたいところです。

そのおかげも有るのでしょうか、創業以来10年目でやっと個人的には多少マトモと思える決算を出せてホッとしています。

日本国内だけで言えば、音楽を聴く耳の総数は確実に今後は減っていく訳ですし、それに比例して家庭に有るレコードプレイヤーの総数も減っていくことと思われますので、今後も常にシュリンクに耐え得る工夫を講じながら利益を出していけるようにしていきたいと思います。
・・・と言いつつも前期は国内販売を大幅に意識して拡販してきておりましたので、今期はそういった意味も含めて、海外向けの販売も以前並に戻していきたいですね。
円安の流れもありますが、円の価値に出来るだけ左右されないようにしていかねば、過去の轍を踏む事にもなりかねないので、色々と工夫して行ければと思います。


さて、話は変わります。ショップをリニューアルしました。

 

やっぱりプロが作るデザインは違います。以前の私が作成していた 継ぎ接ぎだらけの手作り感満載なデザインとは雲泥の差を感じます。

まぁ、前のあのイケテナイ感も弊社らしさが出ていて、あれならではの良さも多少は有ったのではないかと思いたいところですが、やはり今後の事も考えますと、潮目と言う奴でしょうか。

このエントリーに書いてありますが、今回は長野県のサン・グラフィカさんにお願いしてリニューアルの原案を作成してもらいました。


「どっか良さげなデザイナーさんいないかな~ 」と思いつつネット検索をぼんやりしていた時にたまたま見付けた会社さんでして、縁が有って最後まで御願いすることになりました。

「出来るだけシンプルにスッキリと解りやすく、間を大事にして、くれぐれも新聞のチラシみたいなデザインにはしないでください」、という当方の要望を上手に取り入れてくれていると思います。
原案に少し当方なりのアレンジは加えて有るのですが、以前のゴチャゴチャ感は随分と無くなって使いやすくなったのではないでしょうか。

リニューアル後というのは、お客様に慣れて頂く間は売りが弱くなるので、徐々にまたご利用頂ければ幸いです。



さてさて、その他の近況です。

年末ですが、久々に京都に遊びに行って来ました。御所へうどんを食べに。

スタッフリーダーの母校が御所の裏にあるので、昔よく御所でうどんを一緒に食べておりまして、久しぶりにその味を味わいに行ってきました。

京都って事務所からJRで30分程度なので近くなのですが、近すぎると却って足が遠のきがちで久々です。

JR京都駅からブラブラと歩きます。

途中で 長宗我部盛親の墓所を通り過ぎます。
昔、高校の修学旅行で京都に来た時に偶然通りかかって以来、特に探すでも無く、いつか見つけられればと過ごして来ましたが、やっと辿り着きました。



 御所で昔よく食べていたうどんをいただきます。懐かしい味です。


私は下のセットを食べたのですが、食べ過ぎですね。体重が上げ止まらない理由が分かります。



新年明けてからは、十日戎で今宮戎神社に行って来ました。

地下鉄御堂筋線動物園前駅からテクテクとジャンジャン横丁を抜けて歩いて行きます。



私が大阪に赴任してきた約20年前と比べると、随分と綺麗になったものです。

中にはこんなジャズのお店もありました。


ジャンジャン横丁を抜けると飲食店街です。

 


フグの看板が大阪らしさを感じさせます。



通天閣が見えて来ました。




人混みを抜けて通天閣を少し脇に入った商店街に入ると、結構閑散としてます。



今宮神社へ近づきます。




境内は人が多いです。

特に人だかりが出来ていた所があったので、何事かと思ったら、青い目をした福娘さんがいました。右端の子です。
アマチュアカメラマンがものすごく多かったです。私も取り敢えずパシャっと撮影。



境内の外も人が多いです。


帰り道、久しぶりにWild Oneさんで油でも売ろうかと行ってみると・・・


定休日。


また今度遊びに行きます。


帰りは、なんば駅から帰ろうとミナミの街中を人混みを避けて、路地を通りぬけて行きます。


そしたら、こんなお店が。Cafe Panic Rabbit 84



面白そうだったのですが、勤務時間中ですので、自粛して帰路を急ぎます。


途中の公園。この公園は昔から漫才を練習している芸人さんが多いです。
今日も3組ほどのコンビが練習してました。



なんば花月へ向かう途中。千とせ。「肉吸い」が有名なお店ですね。
ここで 「肉吸い」だけを頼むときはご飯も一緒に頼みましょう。それか「肉うどん」を頼めば良いかもしれません。
「肉吸い」だけを頼むと「肉うどん」のうどん抜きが出てきますので、ご飯が無いと汁を啜りながら肉を食べるだけになります。
「肉吸い」が出てきて呆然としている光景をよく見かけますが、私も昔は慌ててご飯を追加注文をした事があります。



少し歩くと、

綺麗な門松がかざってありました。新年を感じさせます。




などなど、・・・・その他はまたスタッフリーダーが書いてくれることでしょう。

ところで、「レコード屋さんの経営者なのにレコードの話、全然書かねーじゃないか」と思われたお客様。それ正解です。
反省してます。

色々と勉強の為に参考にさせて頂いているブログとか サイトとかを見ても、結局は全ての行為の最後のベクトルの先っぽが利益の最大化へ焦点化されていないと意味が無い云々カクカクシカジカゴニョゴニョモゴモゴといった事なのだろうと、そりゃそうだと説得力を感じてはいるのです。
欲を言えばそのベクトルが一直線で焦点化されていれば最高でしょうけど、でもそんなの難しいですよね。
今のこのブログなんかは、まだ鳴門巻きみたいに渦巻いて遠回りしている状態なんでしょうけど、まぁ色々と思う所はあるのですが、レコードやアーティストそのものにスポットを当てたブログって、他にもたくさん素晴らしい所が数多くございますので、同じような事をしてもツマラナイし(劣化版を作っても意味ないし)、どういう方向性での音楽話をしていこうか等、検討しているところはあります。

当ブログ、というか私自身の日記では、レコード屋さん、ネットショップ経営者、零細企業経営者、経営の勉強をせず起業してしまった素人経営者、実は働きたくない経営者、そういった方向からの裏事情というか、苦労話というか、グチというか、 ボヤキというか、嘆きといいますか、恨み節といいますか、とにかくそういった面からの話を書いていければ、というのも有るのですが、果たしてそういった話がお客様が読んでみたい話しなのかどうかは、取り敢えず暫く書いてみて検討してみないと分からないですし、私自身はそういった趣の他のサイトのブログって非常に読んでいても楽しかったりするので、色々と試行錯誤していこうかと思っています。 私のような、ひきこもり経営の話も追々書ければとも。

また、専門的な記事の掲載やそういった事を始めた際に掛かってくる、通常業務への負担も勘案せねばなりませんし。小手調べ的に軽く始めて様子を見るというのが良いのかもしれませんが、でもレコード屋さんのブログですので、どういった形態にしろ、もう少しレコードのデータ自体についても掘り下げた記事も書いていってみたほうが良いのでしょうね。

記事の形態によっては文章の筆致も変えなければなりません。難しい文章より(元より書けませんが)、分かり易い文章を書こうと意識しつつ、基本的に近況報告は軽めの文章で、想いを綴る記事は控えめの硬い書き方でと意識しているのですが、文才が無いので、書いている内に何が何だか訳が分からなくなって、乱れまくった文章になってしまう事も多々有り、そういった事も日々勉強です。


でも分かったことは、確かに何処そこで云々してきましたという記事より、想いを綴った記事のほうがPV数は多くなるということです。 弊社のように、何も持ち合わせのない、不器用で朴訥な零細企業がブログやメルマガで出来る事というのは、想いの強さや謙虚さや感謝をお客様に知ってもらう努力からということでしょうか。
発信できる情報の無い零細でも唯一持ち合わせている企業情報といったところですかね。
駄文でも読んで下さるお客様に本当に感謝の一言でございます 。


昨年から始めたブログやメルマガ、リニューアルしたショップも、気分一新で創業10年目で新たなスタートラインだと思っています。どれもまだまだ「出来ている」という観点から程遠い完成度ですし、そういったところに長けている人からみたら噴飯箇所も多いのでしょうが、謙虚に勉強させていただいて今期も続けていければと思います。

その上で、出来ればもっと売上に貢献出来るようになり、お客様の琴線に触れる事が出来るブログになれれば最高です。

出来ない事は出来ませんが、出来るとこから出来るように、出来るだけ頑張ればいつかは何かが出来るんじゃないかと。
日々悶々と努力していくしかないですから。

ラベル: ,



登録
投稿 [Atom]

ブログを読む
・新着順に読む
・売主様のご感想
・買主様のご感想
・お客様のご感想
・新着商品
・コラム
・今日のオススメ盤
販売中の商品
新着順に見る
アクセサリー類
邦楽
・日本のポップス
・日本のロック
・演歌
・グループ・サウンズ
・軍歌
・校歌
・琴
・尺八
・三味線
・昭和歌謡
・シンガーソングライター
・宝塚歌劇
・ヴィジュアル系
・民謡
・浪曲
イージー・リスニング
・イージー・リスニング全般
・エレクトーン
・ニュー・エイジ
オリジナル・サウンドトラック
・アニメ
・ゲームミュージック
・サウンドトラック全般
・ディズニー
・特撮
・ミュージカル
カントリー/ブルース
・カントリー・ミュージック
・サザン・ロック
・ブルース
・ブルーグラス
クラシック音楽
・クラシック音楽全般
・オペラ
コメディー/お笑い
・お笑い
・落語
ジャズ
・ジャズ全般
・スウィング/ビッグバンド
・フュージョン
宗教関連
・ゴスペル
・宗教音楽
ダンス・ミュージック
・ダンス・ミュージック全般
・ディスコ・ミュージック
・テクノ
・ハウス
チルドレン/童謡
・チルドレンズ・ソング
・童謡
パンク/ニューウェイヴ
・ニュー・ウェイヴ
・ハードコア
・パンク・ロック
フォーク・ロック
・フォーク・ロック全般
ブラック・ミュージック
・R&B
・ソウル・ミュージック
・ファンク
・モータウン
HM/HR
・NWOBHM
・ジャパニーズ・メタル
・スラッシュ・メタル
・デス・メタル
・ニュー・メタル
・ハードロック
・ブラック・メタル
・ヘヴィメタル
ポップス
・フレンチ・ポップ
・ポップス
ラップ
・ラップ全般
・ヒップ・ホップ
ラテン音楽
・サルサ
・サンバ
・タンゴ
・フォルクローレ
・フラメンコ
・ボサ・ノヴァ
・ラテン音楽全般
レゲエ
・レゲエ
・スカ
ロック
・AOR
・インダストリアル
・オルタナティブ
・オールディーズ
・ガレージ・ロック
・グラムロック
・グランジ
・ゴシック・ミュージック
・サーフ・ロック
・ダークウェイヴ
・ノイズ・ミュージック
・ブリティッシュ・ビート
・プログレッシヴ・ロック
・ロック全般
ワールド・ミュージック
・カンツォーネ
・シャンソン
・ハワイアン
・ヨーデル
・ワールド全般
その他
・イントラクション
・カラオケ
・スポークン・ワールド
・スポーツ
・ドキュメンタリー
会員様限定セール
・商品一覧
・3割引セール
・5割引セール
・7割引セール
・9割引セール
サイズで検索
・12インチ
・10インチ
・7インチ
ワードで検索
・赤盤
・朝日ソノラマ
・帯付
・合唱団
・カラー盤
・管弦楽団
・限定盤
・交響楽団
・ソノシート
・直輸入盤
・ノヴェルティ
・ピクチャー盤
・ペラジャケ
・補充票付
・マスター・サウンド
・マニアを追い越せ!大作戦
・見開きジャケ
・来日記念
・和ジャズ
・エロジャケ
・金髪美女ジャケ
・セクシージャケ
過去取扱いレコード
・データ一覧
邦楽
・日本のポップス
・日本のロック
・演歌
・グループ・サウンズ
・軍歌
・校歌
・琴
・尺八
・三味線
・昭和歌謡
・シンガーソングライター
・宝塚歌劇
・ヴィジュアル系
・民謡
・浪曲
イージー・リスニング
・イージー・リスニング全般
・エレクトーン
・ニュー・エイジ
オリジナル・サウンドトラック
・アニメ
・ゲームミュージック
・サウンドトラック全般
・ディズニー
・特撮
・ミュージカル
カントリー/ブルース
・カントリー・ミュージック
・サザン・ロック
・ブルース
・ブルーグラス
クラシック音楽
・クラシック音楽全般
・オペラ
コメディー/お笑い
・お笑い
・落語
ジャズ
・ジャズ全般
・スウィング/ビッグバンド
・フュージョン
宗教関連
・ゴスペル
・宗教音楽
ダンス・ミュージック
・ダンス・ミュージック全般
・ディスコ・ミュージック
・テクノ
・ハウス
チルドレン/童謡
・チルドレンズ・ソング
・童謡
パンク/ニューウェイヴ
・ニュー・ウェイヴ
・ハードコア
・パンク・ロック
フォーク・ロック
・フォーク・ロック全般
ブラック・ミュージック
・R&B
・ソウル・ミュージック
・ファンク
・モータウン
HM/HR
・NWOBHM
・ジャパニーズ・メタル
・スラッシュ・メタル
・ハードロック
・ヘヴィメタル
ポップス
・フレンチ・ポップ
・ポップス
ラップ
・ラップ全般
・ヒップ・ホップ
ラテン音楽
・サルサ
・サンバ
・タンゴ
・フォルクローレ
・フラメンコ
・ボサ・ノヴァ
・ラテン音楽全般
レゲエ
・レゲエ
・スカ
ロック
・AOR
・インダストリアル
・オルタナティブ
・オールディーズ
・ガレージ・ロック
・グラムロック
・グランジ
・ゴシック・ミュージック
・サーフ・ロック
・ダークウェイヴ
・ノイズ・ミュージック
・ブリティッシュ・ビート
・プログレッシヴ・ロック
・ロック全般
ワールド・ミュージック
・カンツォーネ
・シャンソン
・ハワイアン
・ヨーデル
・ワールド全般
その他
・イントラクション
・カラオケ
・スポークン・ワールド
・スポーツ
・ドキュメンタリー

新着商品

新着商品を見る画像

新着記事

新着記事を見る画像

TOP

レコードの買取

想い出のレコード/CD/音楽書籍等、心を込めて大切に扱わせて頂きます。
1.お荷物発送時の送料無料
2.段ボール代もキャッシュバック
3.本査定にご不満なら返送費も無料

中古レコードの通販

当HPよりご購入ください。
電話/ファックス/メール等ではご購入いただけません。

配送・送料について

■送料
・全国(沖縄/離島/一部地域を除く):¥540(税込)
・沖縄/離島/一部地域¥1500(税込)
税込5千円以上のお買い上げで送料無料

■配達日時の指定
・配達日:ご注文より3営業日後から7日後迄の日付をご指定頂けます。
・配送時間帯:規定の時間帯をお選び頂けます。

支払い方法について

・ゆうちょ銀行
・楽天銀行
・後払い
・代金引換
・クレジットカード
・PayPal
・Amazon Pay
各ページに掲載されたレコードジャケット画像等に関する著作権は、各レコード会社、アーティストなどに帰属します。
© 2003~ Hokuhokutou,Inc. All Rights Reserved 大阪府公安委員会許可 第621151803374号 道具商 合資会社ほくほくとう 取扱品目:レコード/CD/書籍等