2013年2月4日月曜日

お客様のご感想 2013/2/4 ~ シャンティーズ、アストロノウツ、ベンチャーズのパイプラインから考察するサーフ・ロック

何回か貴店からLPを購入させてもらったTと申します。

毎回、安藤様のウィット溢れるメルマガを読ませてもらっています。

さまざまなジャンルのLPからコメントの対象に選ぶのは大変だと思います。

でも、こうした発信が貴店のステイタスを高めることにつながっているのはまちがいないことです。

今回は1963年の思い出の曲「パイプライン」にふれられていました。

近くのライブ店に行くと、高校生みたいな若い女の子がこの曲を演奏していたことがあり、 今でも若い人に知られているんだ、と思い嬉しくなったことがあります。

でも、そのとき、 「それでは今度はヴェンチャーズで…」と紹介していたので、休憩時間に、オリジナルは シャンティーズなんだと言うと

「え?、知らない」

じゃパイプラインというのはどういう意味か 知ってると聞くと、やはり

「知らない」

ということでした。

でも、それでいいんでしょうね。いい曲だと 思って演奏してくれることが大事なんです。

ところで、Chanty'sというのはカリフォルニアの5人組グループで、当時のサーフィン・ブーム に乗って、このPipelineが63年3月にビルボード4位にランクされたことで知られています。

この曲以外にはビルボード100位以内のヒットは1曲もなく、いわゆる完全な「一発屋」です。

ただ1曲のヒットだけでビルボードに名を留める「一発屋」は数多くいますが、「一発屋」の ヒットには結構印象に残るナンバーが多く、カバー曲が多いというのもおもしろいことです。


63年というのは猫も杓子もサーフィン・ギターという年で、アメリカのみならず、ヨーロッパまで 巻き込んで、いい曲なら何でも演奏すれば日本では結構商売になるということから、カバーが 多くなり、しまいにはどれがオリジナルか、そんなことはマニアの詮索にまかせておけばいい、 という状態になっていた感すらします。

さらに日本では、ギターサウンドの叙情的な雰囲気に日本語の歌詞を付加し、この翌年ごろ からいわゆる「グループ・サウンズ」なるものにつながっていったことはいうまでもありません。

時あたかもビートルズに代表される「ブリッティシュ・インヴェージョン」の時代と重なって、ギター サウンドは時代の寵児となったのですが、日本の「グループ・サウンズ」は独創性の無さから 次第に消滅の運命を迎えることになりました。

それはともかく、Chanty'sのPipelineがアメリカ西海岸で爆発的ヒットとなったのは、サーファーの気持を心地よくすぐったからでしょう。

そもそもPipelineという言葉自体がサーフィン用語で、大きな波のうねりの間にできた空間のことをいうようです。なるほど波がつくったPipelineのようで、言いえて妙です。

それにこの曲の高音から一気に低音に移行するギタートレモロの冒頭は、一回聞いたら忘れないし、ギターを持ったら一回は弾いてみたくなるフレーズでしょう。

ちなみに、Chanty'sのあとすぐに登場したのがSurfarisで、Wipe Outがビルボード2位の大ヒット (63年6月)となったほか、100位以内に4曲を記録しています。

この曲のタイトルもサーフィン用語 で、波に乗りそこね、サーフボードから転落することをいうようです。

この曲の冒頭は奇妙な笑い声 から始まりますが、これはWipe Outした仲間への嘲笑なのです。


なお、Astronautsというボルダー(コロラド州)の5人組は、64年に日本で「乗ってけ乗ってけ…」 (太陽の彼方に)というカバーで知られていますが、アメリカでは94位の曲が1曲あるだけで、まっ たくマイナーな存在です。


60年代に日本中をギター・フリークにさせてしまったヴェンチャーズの曲は数知れ ないほどあるのですが(なにしろ、日本の歌謡ムード曲まで作曲していますから)、 このうちビルボード100位以内の曲は60年から69年までに14曲あります。

いかに ギターサウンドの時代だったとはいえ、このジャンルでの大成功者といえるでしょう。

ちなみにこの時代、イギリスではクリフ・リチャードのバックを務めていたシャドウズ が数々のヒットを生み出していたのですが(私なんかは、ヴェンチャーズよりもメランコリーなサウンドのシャドウズの方が好きですが)、ビルボード・ヒットはゼロなのです。

というわけで、60年代のアメリカでは、ギター・サウンドはサーフィンとヴェンチャー ズということになっていました。

この構図にときどき異邦人が入ってきて、たとえば 61年に大ヒットした「アパッチ」(ビルボード2位)はデンマークのヨルゲン・イングマン 盤がオリジナルで、ヴェンチャーズもシャドウズもともにカバー盤です。

まぁ、好きな 演奏を聞けばいいわけですが、コレクター・アイテムとしてはヨルゲン・イングマン盤 しかありえません。

同年にヒットした「峠の幌馬車」がわが国ではビリー・ヴォーン盤 しか入手しえなかったのですが、実はストリングス・アロングス盤がオリジナルだった というのと同じような事情でしょう。

当時の日本では、米大手以外のレーベルは入手 しえなかったか、入手できてもラジオ番組ではマイナーな存在でしかなかったような 気がします。

それはともかく ヴェンチャーズのビルボード100位以内の曲のうちスーパー・ヒ ットともいえるベストテン曲は3曲あって、Walk Don't Run(60年2位)、Walk Don't Run '64(64年8位)、Hawaii Five-O(69年4位)となります。

64年の「10番街の殺人」(35位)や65年の「ダイヤモンド・ヘッド」(70位)も日本のファンには忘れがた い曲ではないでしょうか。

ともあれ、50年前のヒット曲時代から今でも現役なのはローリング・ストーンズと ヴェンチャーズぐらいなものでないでしょうか。

聞く方がくたびれてきているというのに、 たいしたものです!



こういう曲が今でも入手できることはすばらしいことですが、コレクターからすれば、カバーものや 初発以外のレコード番号の盤には残念ながらあまり価値はないのでしょう。

私なんかは、オリジナル の録音であればそういうことにこだわらないのですが。

ちなみに、ここにあげたサーフィンの名曲を 私は米ライノ盤LP(R1-70089)で聞いています。

こういう盤が貴社のリストに掲載されれば心ときめかすのですが。


それにしても、毎回すごいリスト・アップで、そのうち何か宝物にめぐり合うのではないかという期待 を抱かせるに十分です。

セコハン・コレクター(中古盤コレクター)の醍醐味でしょうね。

そのクリーニングの量たるや並みの話ではないのでしょうが、腱鞘炎にはくれぐれも気をつけて ください。

埼玉県、T様



ヴェンチャーズ| これぞヴェンチャーズ

ラベル:



登録
投稿 [Atom]

ブログを読む
・新着順に読む
・売主様のご感想
・買主様のご感想
・お客様のご感想
・新着商品
・コラム
・今日のオススメ盤
販売中の商品
新着順に見る
アクセサリー類
邦楽
・日本のポップス
・日本のロック
・演歌
・グループ・サウンズ
・軍歌
・校歌
・琴
・尺八
・三味線
・昭和歌謡
・シンガーソングライター
・宝塚歌劇
・ヴィジュアル系
・民謡
・浪曲
イージー・リスニング
・イージー・リスニング全般
・エレクトーン
・ニュー・エイジ
オリジナル・サウンドトラック
・アニメ
・ゲームミュージック
・サウンドトラック全般
・ディズニー
・特撮
・ミュージカル
カントリー/ブルース
・カントリー・ミュージック
・サザン・ロック
・ブルース
・ブルーグラス
クラシック音楽
・クラシック音楽全般
・オペラ
コメディー/お笑い
・お笑い
・落語
ジャズ
・ジャズ全般
・スウィング/ビッグバンド
・フュージョン
宗教関連
・ゴスペル
・宗教音楽
ダンス・ミュージック
・ダンス・ミュージック全般
・ディスコ・ミュージック
・テクノ
・ハウス
チルドレン/童謡
・チルドレンズ・ソング
・童謡
パンク/ニューウェイヴ
・ニュー・ウェイヴ
・ハードコア
・パンク・ロック
フォーク・ロック
・フォーク・ロック全般
ブラック・ミュージック
・R&B
・ソウル・ミュージック
・ファンク
・モータウン
HM/HR
・NWOBHM
・ジャパニーズ・メタル
・スラッシュ・メタル
・デス・メタル
・ニュー・メタル
・ハードロック
・ブラック・メタル
・ヘヴィメタル
ポップス
・フレンチ・ポップ
・ポップス
ラップ
・ラップ全般
・ヒップ・ホップ
ラテン音楽
・サルサ
・サンバ
・タンゴ
・フォルクローレ
・フラメンコ
・ボサ・ノヴァ
・ラテン音楽全般
レゲエ
・レゲエ
・スカ
ロック
・AOR
・インダストリアル
・オルタナティブ
・オールディーズ
・ガレージ・ロック
・グラムロック
・グランジ
・ゴシック・ミュージック
・サーフ・ロック
・ダークウェイヴ
・ノイズ・ミュージック
・ブリティッシュ・ビート
・プログレッシヴ・ロック
・ロック全般
ワールド・ミュージック
・カンツォーネ
・シャンソン
・ハワイアン
・ヨーデル
・ワールド全般
その他
・イントラクション
・カラオケ
・スポークン・ワールド
・スポーツ
・ドキュメンタリー
会員様限定セール
・商品一覧
・3割引セール
・5割引セール
・7割引セール
・9割引セール
サイズで検索
・12インチ
・10インチ
・7インチ
ワードで検索
・赤盤
・朝日ソノラマ
・帯付
・合唱団
・カラー盤
・管弦楽団
・限定盤
・交響楽団
・ソノシート
・直輸入盤
・ノヴェルティ
・ピクチャー盤
・ペラジャケ
・補充票付
・マスター・サウンド
・マニアを追い越せ!大作戦
・見開きジャケ
・来日記念
・和ジャズ
・エロジャケ
・金髪美女ジャケ
・セクシージャケ
過去取扱いレコード
・データ一覧
邦楽
・日本のポップス
・日本のロック
・演歌
・グループ・サウンズ
・軍歌
・校歌
・琴
・尺八
・三味線
・昭和歌謡
・シンガーソングライター
・宝塚歌劇
・ヴィジュアル系
・民謡
・浪曲
イージー・リスニング
・イージー・リスニング全般
・エレクトーン
・ニュー・エイジ
オリジナル・サウンドトラック
・アニメ
・ゲームミュージック
・サウンドトラック全般
・ディズニー
・特撮
・ミュージカル
カントリー/ブルース
・カントリー・ミュージック
・サザン・ロック
・ブルース
・ブルーグラス
クラシック音楽
・クラシック音楽全般
・オペラ
コメディー/お笑い
・お笑い
・落語
ジャズ
・ジャズ全般
・スウィング/ビッグバンド
・フュージョン
宗教関連
・ゴスペル
・宗教音楽
ダンス・ミュージック
・ダンス・ミュージック全般
・ディスコ・ミュージック
・テクノ
・ハウス
チルドレン/童謡
・チルドレンズ・ソング
・童謡
パンク/ニューウェイヴ
・ニュー・ウェイヴ
・ハードコア
・パンク・ロック
フォーク・ロック
・フォーク・ロック全般
ブラック・ミュージック
・R&B
・ソウル・ミュージック
・ファンク
・モータウン
HM/HR
・NWOBHM
・ジャパニーズ・メタル
・スラッシュ・メタル
・ハードロック
・ヘヴィメタル
ポップス
・フレンチ・ポップ
・ポップス
ラップ
・ラップ全般
・ヒップ・ホップ
ラテン音楽
・サルサ
・サンバ
・タンゴ
・フォルクローレ
・フラメンコ
・ボサ・ノヴァ
・ラテン音楽全般
レゲエ
・レゲエ
・スカ
ロック
・AOR
・インダストリアル
・オルタナティブ
・オールディーズ
・ガレージ・ロック
・グラムロック
・グランジ
・ゴシック・ミュージック
・サーフ・ロック
・ダークウェイヴ
・ノイズ・ミュージック
・ブリティッシュ・ビート
・プログレッシヴ・ロック
・ロック全般
ワールド・ミュージック
・カンツォーネ
・シャンソン
・ハワイアン
・ヨーデル
・ワールド全般
その他
・イントラクション
・カラオケ
・スポークン・ワールド
・スポーツ
・ドキュメンタリー

新着商品

新着商品を見る画像

新着記事

新着記事を見る画像

TOP

レコードの買取

想い出のレコード/CD/音楽書籍等、心を込めて大切に扱わせて頂きます。
1.お荷物発送時の送料無料
2.段ボール代もキャッシュバック
3.本査定にご不満なら返送費も無料

中古レコードの通販

当HPよりご購入ください。
電話/ファックス/メール等ではご購入いただけません。

配送・送料について

■送料
・全国(沖縄/離島/一部地域を除く):¥540(税込)
・沖縄/離島/一部地域¥1500(税込)
税込5千円以上のお買い上げで送料無料

■配達日時の指定
・配達日:ご注文より3営業日後から7日後迄の日付をご指定頂けます。
・配送時間帯:規定の時間帯をお選び頂けます。

支払い方法について

・ゆうちょ銀行
・楽天銀行
・後払い
・代金引換
・クレジットカード
・PayPal
・Amazon Pay
各ページに掲載されたレコードジャケット画像等に関する著作権は、各レコード会社、アーティストなどに帰属します。
© 2003~ Hokuhokutou,Inc. All Rights Reserved 大阪府公安委員会許可 第621151803374号 道具商 合資会社ほくほくとう 取扱品目:レコード/CD/書籍等